FXの取引スタイル

FX(外国為替証拠金取引)を行う場合、さまざまなスタイルが考えられます。FXの投資スタイルには大きく分けて、「長期投資」と「短期投資」があります。「長期投資」とは言葉の通り、長期的な視点に立ってじっくり投資を行う方法です。細かい売買をほとんど行わず半年、あるいはそれ以上のスパンで売買を行う場合が「長期投資」とされます。一方の「短期投資」は「長期投資」の真逆の概念で、為替相場の短期的な変動を捉えて細かい売買を繰り返していく投資スタイルになります。

「短期投資」はさらに、「デイトレード」、「スキャルピング」、「スウィングトレード」といったように、取引期間と利益の獲得方法によって呼称されている取引方法があります。

「デイトレード」は最も一般的な呼称で知っている人も多いと思いますが、一般的には「日計り取引」のことを指します。「デイトレード」は基本的に日を跨がず、1日以内で取引を清算して損得を確定させます。「スキャルピング」も似た概念ですが、「スキャルピング」の場合、さらに取引単位が小さく数秒から数分長くても数十分の細かい取引を数十回から数百回繰り返し、小さな利益を積み重ねていく方法です。「スウィングトレード」は1週間から1ヵ月程度のスパンで取引を行う場合を指します。

FXにおいては、どの取引スタイルが有利かということは、一概に言うことはできません。重要なのは実際に投資を行う人の状況、性格などに合致した取引方法を選択することだと言えます。