損切りは本当に大事です

誰しも、一円たりとも貴重な自分のお金は失いたくないものだと思います。FX取引において、相場が自分の思惑を外れて動いた時、この自分の資金を守りたいという感情が邪魔をして、損切りが遅れ、損失が拡大してしまうという経験を、特にFX初心者の時に、誰もが経験すると思います。

実際に資金を投入して取引を開始する前に、デモ取引を試して見る方が大半を占めると思いますが、デモで使うのは所詮は架空のお金なので、損切りしても痛くも痒くもありません。損切りが早いためにトータルで利益が出るために、「FXって意外と簡単に儲かる!」と思ってしまいがちかもしれませんが、これは大きな勘違いです。

自分のお金を投入すると、損切りはお金を失うことであることを、リアルに感じ、急に損切りができなくなります。

どんな投資も、必ずリスク(お金をある程度失う事実)があることを覚えておく必要があります。トータルで利益がでれば、それで良く、一時の判断のミスは誰にでもあり、諦めが肝心である事を、肝に命じておきたいと思います。

相場にチャンスはいくらでもあるので、すぐにカバーできるだけの損失にとどめることが、相場退場という悲しい結果を避ける唯一の方法だと思います。