最初の関門はレバレッジ

FX取引にある程度慣れてきた初心者の方が最も躓くところは、多額の利益を出そうとレバレッジに手を出そうとした時期です。確かにレバレッジは上手くいけばハイリターンを見込めるFXに欠かせないものですが、そこにはハイリスクが伴うことを忘れてはいけません。

基本的に、レバレッジを最初にするのなら低レバレッジが基本です。FXで利益を出し続けるようになるには、ある程度の損失を頭に入れて取引をしないといけないのは当然です。つまり、戦略的撤退の考慮です。ある程度、損失が出てしまうような状況になったらその時点でもう切ってしまうのが常識です。

しかし、高レバレッジをしていますとそれが出来なくなります。変動値がものすごく大きくなってしまいますので、まず間違いなく損が出てたときにロスカットされてしまうのがオチです。低レバレッジと違い高レバレッジは、為替の上下のフリ幅がとてつもなく大きくなりますので、手元に残るお金が下手すればマイナスになってしまいかねません。

それはもう取引ではなく、ただのギャンブルです。これはFX取引の初心者が一番陥る悪循環の一つです。FXはあくまで取引であって、ギャンブルにしてはいけません。自分のお金のリスクの管理をすることは、それ自体がFXで勝つための大きな近道だと断言できます。